日焼けのシミはすぐ消すこと!・・ってその方法が知りたいんですが

シミを消す

「えっ、アレ、まさかこれってシミ!?」事件はある日突然に起きることになります。

鏡を見ていると不意に気づくことになる顔のシミ。

思い出しただけでブルブルと体が震えてくるほどの、そんな恐怖体験したことありますよね?

そう、その恐怖の存在が「シミ」、そしてシミができてしまった原因は、おそらく日焼けによるもの。

私もシミに恐怖したひとりですが、いちおう、日焼け対策として、日焼止めは塗ったりしていました。

ですが、よくよく思い起こしてみれば、お出かけ前にササッと塗っただけで、こまめに日焼止めを塗ったり、日傘使ったりとかの日焼け対策をした覚えがありません・・。

まぁ、たしかにこれじゃあ日焼けでシミができてしまっても文句はいえないですね。

だって、海でBBQしたり、山へハイキングなんかにでかけるのってスゴク楽しいから、ついそういうのは忘れてしまいますもんね。

でも、できてしまったからには、この恐怖の塊ともいえる「シミ」は、今すぐにでも消してしまいたい存在。

そこで、まずは日焼けによるシミを消すための対策として何がいいかを探るまえに、まずシミがどうやってできるかを知っておきましょう。

 

日焼けするとシミができる理由

すでに色んな情報があふれている現在では、日焼けするとメラニンが生成されるということは一般的に知られているかと思います。

紫外線をあびることで、メラノサイトが活発化しメラニン色素が生成されるわけですが、このこと自体は、人が紫外線から体を守ろうとしている正常な反応なのです。

しかし、紫外線を過剰に浴びる(=メラニン色素が過剰に生成される)状況になると、一部のメラニン色素が皮膚に残って沈着してしまうこともあり、これがシミとなって肌に残ってしまいます。

人の肌は、新しい細胞が生まれてからはがれ落ちるまでのターンオーバーと呼ばれるサイクルで、常に生まれ変わりが起こっています。

通常はメラニン色素もまた、肌のターンオーバーによりはがれ落ち新しい細胞が生まれてくることになりますが、このターンオーバーは、年齢とともにそのサイクル長くなるため、年齢を重ねると、どうしても生成された色素が残りやすくなってしまいます。

また、過剰に日焼けすると肌のターンオーバーが乱れ、メラニンが正常に排出されず、結果、肌にシミができてしまうことになります。

このように過剰な日焼けは、メラニン色素の過剰生成、ターンオーバーの乱れ、などを引き起こし、これがシミの原因となってしまうわけです。

 

日焼けで出来たシミは消すことができる!?

日焼けのシミを消すためには、肌のターンオーバーを整えることがまず第一です。

化粧品などでいくらシミを消すための努力をしても、次々とシミが生まれてしまう肌環境では意味がないですし、効果も感じにくくなってしまいます。

ターンオーバーの整え方

肌のターンオーバーを整えるためとして、以下のことが良く言われているポイントになります。

  • 栄養バランスのいい食事をとること
  • 血行を良くすること
  • 日焼け対策を行うこと

ということになりますが、まぁ肌トラブルが起こったときにはどんな問題にでも共通するような対策ですよね。

これだけでシミが消せるのかといえば、もちろん消せなくはないと思いますが、効果を得るにはそれなりに時間が必要だと思います。

ですので、ターンオーバーの促進対策はベースと考え、次にあげるような、直接肌に効果をあたえる成分を活用して、日焼けによるシミ対策していってはどうでしょうか。

シミ対策にハイドロキノン

シミ対策と言えばコレと言われるほどで、美白成分としても有名なのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンには強力な漂白効果があるため、シミ対策として皮膚科でも処方されるほどですが、その強力さから副作用にも注意が必要です。

副作用としては、白斑などの症状を引き起こす可能性があるため、成分の濃度が高いほど危険性もますことになります。

ですが、シミへの効果は抜群であるため、各メーカーがこぞってハイドロキノン配合の化粧品を販売しています。

皮膚科などの医療機関にかかった場合には、4%といった高濃度のハイドロキノンを処方されることもありますが、医師の指示にしたがった使い方をすれば安心です。

また、一般に販売されているハイドロキノン配合化粧品は、2%ほどですから、綿棒などを使いピンポイントでシミに使用することで、シミ部分以外の白斑などの副作用は回避できますので、無茶な使い方だけはさけるようにしたいですね。

トレチノインもシミ対策に効果あり?

トレチノインもまた、ハイドロキノンと同様に、シミに効果を発揮するとして知られた成分です。

こちらもシミ消しに有効であるため、皮膚科などでは、ハイドロキノンとトレチノインが同時に処方されることもよくあります。

このトレチノインは日本では市販化粧品への配合は現在認められておらず、美容皮膚科などの処方で入手することになります。

ただ、海外では化粧品に配合されているものもあるため、個人輸入などの方法で、日本でも手に入れることは可能ですが、トレチノインは肌へのかなり強力な作用があるため、安易に入手して使用することは避けたほうがよいでしょう。

どうしても使ってみたいのであれば、やはり美容皮膚科などの医師の診断を受けるようにしたいですね。

 

まとめ

日焼けによるシミは放っておけば沈着が進んでしまいますから、まずは肌のターンオーバーを正常にし、ハイドロキノンなどの有効成分を配合した化粧品で、シミにピンポイントでアプローチすることで、シミの悪化を防ぐようにしたいですね。

日焼けによるシミを消すための方法をご紹介してきましたが、できてしまったシミは仕方がないにしても、そもそもシミを作らないように予防することも重要なことです。

できなければ、シミを消す努力をする必要ないですからね。

日焼け(=紫外線)によるシミ対策ですから、やはり日焼止めが効果的です。

ちょっとしたことですが、日傘、帽子などのアイテムを使い、なるべく紫外線をカットするように生活することが、一番のシミ予防になりますので、真夏の炎天下だけ日焼止め対策するのではなく、普段から紫外線に気を使っておきたいですね。

 

スポンサーリンク

-美容

関連記事

紫外線

5月は紫外線が強い?GWも日焼け止めが必須な理由

5月と言えばGW(ゴールデンウィーク)ですね。 まだ夏には遠いですが、ポカポカ陽気につられて、家族や、彼氏、彼女と屋外にでかけるといった人も多いことと思います。 でも、その外出にはちょっと危険が伴って …

紫外線シミ予防

紫外線によるシミを予防しよう!夏までに覚えておきたい対策方法

夏が近づいてくると、どうしても気になってくるのが、あのやっかいな紫外線ですよね。 この紫外線なんですが、日焼けして色が黒くなってしまうのがイヤというかたもいるでしょうが、それ以上にやっかいなのはシミの …

日焼け止めスプレー

日焼止めスプレーを顔に直接シュッ!!とするのはNGなんですか?

日焼止めスプレーは、シュッと一吹きで紫外線対策ができるからとても便利につかえていいんだよね!とそう思われているあなた、まさか顔に直接吹きかけたりしていませんよね? なんて脅しのようなことを言いましたが …

日焼け後のケア

日焼け後のケアはとにかく冷やす!赤み・痛みがある時はどうする?

夏になりますと、強い日差しの中でも、外出する機会が増えてきてしまいますよね。 そうなると気になるのが、やっぱり「日焼け」です。 若いうちは日焼けした肌のほうが健康的に見えるからと、サンオイルを塗ってま …

日焼け止め塗りなおし

メイクしてても日焼け止めを塗りなおしたいときに簡単な方法って何

  今年の夏は絶対に焼かないぞっ!だからUV対策は万全にしておかないと・・と意気込んでいるなら顔への日焼け止めはこまめに塗りなおさないといけないことになります。 でも実際には、そんなしょっち …