雨の日に自転車で保育園送迎するときオススメのレインコートは?

自転車用レインコート

お子さんが保育園に通うとなると、問題になってくるのが送迎の方法ですよね。

自宅から近い保育園であれば、徒歩で送り迎えができていいんですが、そうでない場合は自動車や自転車という選択になってしまいます。

もちろん送迎バスが出ている場合はそれを利用する手もありますが、いかんせんお金がかかることになります。

距離や時間、そしてお金など色んな問題から自転車での送迎を選択されていると思いますが、この保育園への自転車送迎にとって問題なのは、雨の日ですね。

今や道路交通法で禁止事項となってしまった「傘をさして自転車に乗る」なんて行為は、違反でなくても子どもを乗せている時点でやっちゃダメですし、そうなると選択肢はレインウェアしかないですよね。

ここで問題になるのは、「どんなレインウェアにするのが良いのか」ということです。

雨の状況や自転車に乗る頻度、通勤にも使うなど、状況によって選ぶべきポイントが違ってくると思いますので、自分の用途にあったレインウェアを選ぶようにしてください。

 

保育園送迎に使うの自転車用レインウェアはどんなのがいい?

ひとくちにレインウェアといっても、レインポンチョやレインコート、レインスーツなど色んなタイプのものがありますね。

保育園への送迎に使うレインウェアで一番のものは、ズバリ、セパレートタイプのレインスーツだといえます。

上下別のセパレートタイプのレインスーツなら、上半身はもちろん、下半身部分もしっかりと防水できるので、雨を凌ぐという点では、これに勝るものはないと思います。

とはいえ、その構造上、着たり脱いだりするのが非常に面倒だという欠点があり、保育園への送迎や、通勤、通学といった手軽に使いたいという用途においては、最大のデメリットであるともいえます。

家でしか脱ぎ着することはないのであれば、雨を防ぐという意味においては、このセパレートタイプであるレインスーツの一択になりますが、実際、使いみちを考えてみれば、レインスーツの選択肢はないという人が多いのではないでしょうか。

ですので、レインコートかレインポンチョのどちらかから選ぶことになりますが、それぞれメリット、デメリットがありますので、ご自分の用途を考えてみて、メリットが大きいと思える方を選択するのが良いでしょう。

 

自転車用に使うレインコート、レインポンチョの選び方

さて、レインウェア選びにおいて、レインコートにするか、レインポンチョにするか(もちろんレインスーツも選択肢としてありますが、ここでは対象からはずしておきます)を迷うことになりますが、まずはそれぞれのメリットとデメリットを考えてみます。

 

レインコートのメリットとデメリット

メリット

  • 比較的からだにフィットしているので動きやすい(→ 子どもを乗せたり降ろしたりが楽!)
  • 袖がしっかりしているので袖などが濡れにくい(→ 腕が気持ち悪くない)

デメリット

  • フィットしているためにどうしても蒸れやすい(→ 夏場はサイアク!)
  • 冬場など厚着している場合はパッツンパッツンになり着にくい(→ ピチピチでかっこ悪い)

 

レインポンチョのメリットとデメリット

メリット

  • リュックなどの荷物にも被せて使うことができる(→ 荷物が塗れなくてイイ!)
  • 手軽に着たり脱いだりできる(→ 面倒くさくない)
  • 通気性が良いので蒸れにくい(→ 快適!でも冬は寒い)

デメリット

  • 強風の場合めくれる可能性が高い(→ 塗れるし危ない!)
  • レインコートに比べ下半身のカバーができない(→ 足だけ冷たい)

というように、それぞれにメリットやデメリットがあるんですが、それぞれのデメリットをカバーするような機能を持ったレインコート、レインポンチョもありますので、一概にどっちがいいとも言い切れません。

一般的にみて、上記のようなメリット、デメリットがあるので、まずはコートタイプ、ポンチョタイプを選択しましょう。

タイプ決めがすんだら、各タイプのデメリットがカバーできているものがないかを探して見ましょう。

 

保育園送迎用レインウェア購入までの流れ

  1. 自分のライフスタイルを考える
  2. レインコートかレインポンチョかを決定する
  3. デメリットをカバーする機能がある商品を探してみる
  4. 購入する

という流れで選べば、ご自身の生活に一番マッチして、かつ機能性もあるレインウェアが選べます。

両方買っておき、TPOに応じてレインコートにするか、レインポンチョにするかを選ぶのが一番でしょうが・・出費の問題もありますからね。

 

まとめ

保育園や幼稚園への送迎に自転車を使っているなら、「雨」という最大の問題があり、これを解消するのがレインコートやレインポンチョといったレインウェア(かっぱ)です。

レインコートであれば、比較的雨が防ぎやすく、動きやすいというメリットがあるので、自転車に乗る時間が長めなら、こちらが良いでしょうね。

また、レインポンチョは、簡単に着たり脱いだりでき、荷物も雨から守れるので、自転車に乗る時間が短い、突発的に降ってきた雨を凌ぎたいといった場合に向いているのではないでしょうか。

もちろん、何度も言っているかもしれませんが、雨を防ぐという点ならレインスーツが一番なんですが・・これは保育園への送迎等の場合には選択される人は少ないので、今回は無視しています。

ご自身の使いみち(自転車に乗る時間、通勤にも使う、一年中使うなど)を考えて、ベストなレインコート、レインウェアを選んでください。

 

スポンサーリンク

-ファッション

関連記事

ビジネスリュック

ビジネスの出張でも使えるバックパック!防水機能もあればなお良し

最近良く目にするようになっているのが、ビジネスでも使われているバックパック、そうつまりはビジネスリュックというやつですね。 昔はビジネスリュックといった分野(カテゴリ)がなく、普通のリュックをビジネス …

レインブーツ

レインブーツは定番ロング?可愛いショート?あなたはどっち派?

梅雨時期だったり、今日は雨が強いなという日でも、お出かけしなくっちゃいけない時もありますよね。 そんな時、あなたがレインブーツを選ぶなら、ショート派?それともロング派でしょうか? もちろん、お出かけす …