防災の日っていつ?由来はあの震災からきているって知ってました?

防災の日

防災の日っていうと、いったい何月何日のことだかご存知でしょうか?

そう、防災の日と言えば「関東大震災が起こった日」、つまりは9月1日のことなんですが、今では月日が経ってしまっていることもあってか、「知らなかった」なんて人も多いかもしれませんね。

最近では熊本地震や、東北地方太平洋沖地震、もう少し前になりますと、兵庫県南部地震などの大地震が起こっていますから、防災の日をきっかけにして、ご家庭内での防災対策について一度、考えられてみてはどうでしょうか。

 

○○地震や○○震災、呼び名が違うのはナゼ?

熊本地震、東北地方太平洋沖地震、兵庫県南部地震など、「○○地震」と呼ばれている呼び方がありますが、東北地方太平洋沖地震や兵庫県南部地震は、それぞれ、「東日本大震災」、「阪神・淡路大震災」とも呼ばれていますよね。

なぜ○○地震と呼ばれていたり、○○震災と呼ばれていたりするんでしょうか?

まず、○○地震のほうですが、こちらは地震そのものに付けられる呼称であり、特に被害が大きいものに命名されているようです。

○○地震の○○には、起きた地震の中心部にあたる地名が使われており、呼称を決めておくことで、将来のための資料に統一した名称が使われるようになります。

次に○○震災のほうになりますが、こちらは地震によって引き起こされた災害についての呼び方であり、関東地震などでは、関東大震災というように「大震災」と呼ばれ、震災の中でも特に被害が大きかったことを表しています。

近年の地震の中でも、関東地震は関東大震災、兵庫県南部地震は阪神・淡路大震災、そして、東北地方太平洋沖地震は東日本大震災と呼ばれています。

 

地震は予測できるのか?

地震の予測は難しいとされていて、現在でも確実な予測は困難である状況に変わりはないですが、研究者たちにより、その地震予測レベルにも向上が見られてきています。

 

地震といえばナマズ?

なまず

地震の予知といえば、誰もが頭に思い浮かべるのは「ナマズ」なんじゃないでしょうか。

古来より、地震の前にはナマズが暴れだすといわれていて、地震予知のためにナマズを飼っている人もいるとかいないとか・・。

このナマズと地震の関係については「ナマズと地震との関係に関する研究」などという研究もされていたようで、なんと16年間もの実証実験を重ねていたようですね。

実験の結果としては、確かに地震前の電気信号に反応して(かどうかは定かにはなってないようですが)、ナマズが異常行動をとることがあったようです。

ですが、100%異常行動をとったかといえば、そうでもないらしく打率3割ほどだったんだそうです。

3割じゃあ予測としては、胸を張って「役に立ちます!」とは言えないですし、オカルトの領域を超えていないような気もします。

 

東大名誉教授による地震予測

地震予測

有名な地震予測の研究者の一人としてあげられるのは、やはり東大名誉教授の村井俊治氏ではないかと思います。

「Mr.サンデー」といったTVや「週刊ポスト」といった雑誌など、数多くのメディアで取り上げられており、話題にもなりましたから、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

村井俊治教授の地震予測の方法は、村井教授の専門である土木工学(測量)からきています。

その方法とは、全国各地にある、電子基準点と呼ばれている点から、その土地の起伏状態をミリ単位で測量することで、地殻の変動を解析するんだそうです。

この観測により、地震の前兆や予兆などの現象を見つけ出し、地震予測へと役立てています。

村井俊治教授の地殻変動による地震予測は、今までのあやふやな地震予測などと比べると、かなり精度が高く「地震予測情報配信サービス MEGA地震予測」として、HP(https://www.jesea.co.jp/)から配信されてもいます。

興味のある方は、配信サービスを受けられてみてはいかがでしょうか。

月額料金はかかってきますが、\350と安いですし、テレビなどでもよく取り上げられている、関東直下型地震、南海トラフ地震などの予測地域にお住まいの方などは特に不安になられていると思いますので、地震対策グッズへの投資だと思えば、この「MEGA地震予測」の配信を受けてみるのも地震対策として、良い方法だと思います。

 

まとめ

防災の日は、何故9月1日になったのかは、もうお分かりいただけたと思います。

防災の日とは、関東大震災が起こった日だったわけですが、その大震災を教訓として、私たちも年に一度は、地震の防災についても見直しを行いたいものです。

私たちは、地震大国ともいわれる日本に住んでいますから、いつどこからやってくるかもしれない災害に備えておくことは、防災の日だけでなく、常日頃からやっておかないといけないのかもしれません。

最近では、村井俊治東大名誉教授などの活躍によって、ある程度の地震予測も可能となってきていますから、これらの情報なども、防災に役立てていきたいですね。

MEGA地震予測ではNTT Docomoとも提携して、観測地点の増強なども行っていっていますので、今後ますますの地震予測精度アップを期待したいところです。

 

スポンサーリンク

-一年の行事

関連記事

風呂場のカビを落とす

年末大掃除!風呂場の目地やゴムパッキンのカビをスッキリ落とすには

年末になるといろんな場所を大掃除し、きれいな環境と気持ちで次の年を迎えるといったかたも多いと思います。 そんな時に、どうもスッキリしないのが風呂場の大掃除。 そう、あの風呂場の目地やゴムパッキンにこび …

お中元

お中元の時期はいつなの?贈る時お返し時にはマナーにも気をつけて

暑い夏がやってくると、そろそろ準備しておかないといけないなぁーと思うのが「お中元」です。 普段お世話になっている人への贈りものだけど、毎年毎年選ぶのがとてもたいへんだーと思っている方も少なくないと思い …

七五三詣

七五三はいつお参りするのがいいのか|年齢や性別で違いはあるのか

七五三(しちごさん)といえば、その数字名からも想像できますが、7歳、5歳、3歳の子どもを祝う行事ですよね。 七五三には、神社などで「七五三詣で」を行い、これから成長していく子供たちにたいして、色々な祈 …

christmaspresent

彼女へクリスマスプレゼント、社会人なら絶対に外さないものは

クリスマスといえばプレゼント、プレゼントといえばクリスマスといっても過言ではないくらいに、クリスマスの一大イベントはやっぱりプレゼントになるんじゃないでしょうか。 友達同士でのプレゼント交換なんていう …

お盆の期間

お盆の期間はいつからいつまでが正解なんでしょうか?年度で変わる?

お盆と聞いて連想するのは、夏休み、お盆休み、帰省ラッシュ、お祭り、盆踊り、迎え火(迎え盆)、送り火(送り盆)、初盆、お墓参りなどなど、いろんな言葉が思いつきますよね。 お盆になると、一般的な会社へ勤め …