梅雨はなぜ「梅」の「雨」と呼ばれるのか?時期はいつからなのか?

梅雨

6月になると全国的に梅雨入り時期が始まりますね。

でもこの梅雨っていう文字を見て疑問に思っていたことはないですか?

そう、なんで梅の雨という字なのかですね。

 

6月になりテレビ番組やニュースを見ているとお天気予報が、お天気キャスターによって報道されていますが、この時期になるとよく耳にするのが、「関東では梅雨入りが始まりました」なんていうお言葉。

そうかー、梅雨に入ったんだなーなんて、当たり前のように受け入れているかと思いますが、この梅雨の意味を知っていましたか?

もちろんそんなことは知っているし、知らないほうがおかしいんじゃない?と思われている人は、結構少数派なんじゃないでしょうか。

そんな「梅雨」の語源はいったいなんなのかについて、ご紹介したいと思います。

 

梅雨が起こる原因と時期について

さて、まず梅雨という言葉の語源のまえに、この梅雨と呼ばれるものが起こる原因についてなんですが、簡単に言えば気圧(気団)と気圧(気団)のぶつかり合いによるるものです。

オホーツク海高気圧と小笠原高気圧とが、ちょうど日本の上空付近で冬と夏の入れ替わりをするためのぶつかり合いを行い、これせめぎあいが暫く続くことによって、約1ヶ月ほどの長雨をもたらすことになるんです。

 

オホーツク海高気圧とは

名前の由来どおり、オホーツク海を中心にした高気圧で、春から初夏にかけて現れる高気圧です。

冷たく湿っているという特徴があり、この高気圧により北海道付近には冷たく湿った空気が流れ込んでしまい気温がさがってしまいます。

このオホーツク海高気圧が長い間滞在してしまうと、北海道付近では冷夏となるため、冷害が発生しやすくなります。

 

小笠原高気圧とは

太平洋高気圧の一部が、日本付近へ張り出した状態のことで、張り出した部分が小笠原諸島付近であるために、小笠原高気圧と呼ばれています。

暑く湿った空気を持っているため、この小笠原高気圧が発達している状態が長く続くと、日本では蒸し暑い状態が続くことになります。

この梅雨という現象は、日本のような中緯度に位置するところで起こるのは、世界的に見ても稀な現象であり、その原因は、偏西風やチベット高原など、世界規模の滞留や山岳地帯などの影響によるもので、複雑な条件がかさなることで、日本では梅雨という現象が起こっています。

春から夏の梅雨時期には、小笠原高気圧(太平洋高気圧)が勢力を増し、オホーツク海高気圧が勢力を弱めていくことになりますが、その逆になる時期は日本の秋であり、この時期には秋雨前線と呼ばれていますね。

 

梅雨の時期(期間)

テレビやラジオ、ネットの天気予報でも梅雨入り宣言や、梅雨明け宣言などがあり、「梅雨がはじまったなー、ジメジメするから嫌だなー」とか「梅雨が終わったなー、これから暑くなりそうだなー」なんて気持ちになるので、いつの間にか始まって、いつの間にか終わっているといった感覚の人が多いと思います。

気になる梅雨の期間ですが、実は明確なものはないんです。

気象庁が発表している梅雨入り宣言や、梅雨明け宣言も、実は後付の発表であって、「今年の梅雨入りは○月○日から始まります」とか「今年の梅雨明けは○月○日です」なんて発表は確かに聞いたことがないですね。

また、この梅雨入り、梅雨明けの宣言がない年もあるようで、お天気というのは本当に予想が難しいものなのだということの現れでもあると思います。

参考 → 気象庁「過去の梅雨入りと梅雨明け(確定値)」

 

梅雨の語源は?

さて、この「梅雨」という名前の語源ですが、調べてみますと、いろいろな説があるようで、これが有力だという見解もなさそうです。

では、その幾つかの語源についてご紹介します。

梅雨とよばれる6月頃の長雨は、中国から伝わってきた言葉で、もともと、中国の揚子江流域においては、ちょうど梅の実が熟す頃に雨期が始まり、それを梅雨(ばいう)と読んでいるそうです。

この語源の節にも幾つかあり、一つ目は、この長雨が続く時期が、ちょうど梅の熟す時期と重なることから、「梅雨」となったという節です。

この節はなんとなくわかりますよね、たしかに毎年同じ時期に長雨が続くようであれば、それをもじった雨という呼ばれ方になるような気がしますね。

そしてもう一つの節としては、長雨時期にはよく耳にするカビからくる語源です。

長雨によって黴(カビ)が生えやすくなることは容易に想像できると思いますが、そのカビの感じは「黴」であり、音読みで「バイ」とも読みます。

つまり、カビが生えやすい時期であることから「黴雨」となり、後に同じ読みで、時期も同じであることからの「梅」の字があてられたという説があります。

梅雨の語源については、諸説あるようで、どれもそれらしい説なので、雑学として覚えておくといいんじゃないでしょうか。

中国で呼ばれていた「梅雨」が日本に伝わってきたのは、江戸時代頃で、日本歳時記には「此の月淫雨ふるこれを梅雨と名づく」と記されており、この時代には梅雨と呼ばれていたということがわかります。

また、日本では「梅雨(ばいう)」以外にも「梅雨(つゆ)」とも呼ばれていますが、これについても諸説あるようです。

木の葉などの「露(つゆ)」からきている説、梅の実が潰れることから、潰れるの「潰ゆ(ついゆ)」からきている説、カビが生えてダメになることから「潰える(ついえる)」からきている説など、こちらもどれも納得の説ですね。

 

まとめ

梅雨の語源については、諸説あるということがわかりましたし、この梅雨という時期は明確に決まったものでもないということがわかりました。

梅雨時期はジメジメした感覚が続くことから、うっとおしい季節だと思われがちですし、また学生さんなどであれば期末テストなんかもありますから、余計にうっとおしい季節でもありますね。
ですが、梅雨時期であっても色々なメリットを探すことで、楽しく過ごすこともできますから、雨であることを逆手に取って楽しまれるほうが、特だと思いますよ。

例えば、東京ディズニーランドや屋外の遊園地なんかは、雨の日だと入場者が少なくなりますので、ザーザー降りだと難しいですが、小雨程度なら、ポンチョなどのレインコートやレインシューズを履いていけば、普段は混雑して長時間並ぶようん乗り物やイベントも、スムーズに乗ったり観たりできるので、すごくお得感があります。

また、いろんなお店では雨の日は来客数が減ることから、来客数確保のためのイベントやポイントUPなんかもしているお店が増えるので、そういった所も要チェックですよ。

雨だからといった家にこもらず、雨だからこそのメリットを考えて、ジメッとした空気を吹き飛ばすアイデアで、楽しんでいきましょう。

 

スポンサーリンク

-一年の行事

関連記事

父の日

絶対ハズさない50代が喜ぶ父の日プレゼント

父の日のプレゼント、毎年悩んでしまって困っているという人も多いでしょうね。 なんていっても、父親の趣味が特殊ならまぁプレゼントも選びようがあるんだけど、無趣味なお父さんって意外と多いです。 無趣味と言 …

お中元

お中元の時期はいつなの?贈る時お返し時にはマナーにも気をつけて

暑い夏がやってくると、そろそろ準備しておかないといけないなぁーと思うのが「お中元」です。 普段お世話になっている人への贈りものだけど、毎年毎年選ぶのがとてもたいへんだーと思っている方も少なくないと思い …

防災の日

防災の日っていつ?由来はあの震災からきているって知ってました?

防災の日っていうと、いったい何月何日のことだかご存知でしょうか? そう、防災の日と言えば「関東大震災が起こった日」、つまりは9月1日のことなんですが、今では月日が経ってしまっていることもあってか、「知 …

お盆の期間

お盆の期間はいつからいつまでが正解なんでしょうか?年度で変わる?

お盆と聞いて連想するのは、夏休み、お盆休み、帰省ラッシュ、お祭り、盆踊り、迎え火(迎え盆)、送り火(送り盆)、初盆、お墓参りなどなど、いろんな言葉が思いつきますよね。 お盆になると、一般的な会社へ勤め …

母の日プレゼント

【母の日】50代のプレゼントで喜ばれるもの身近アンケート

  『母の日のプレゼント、なに選んでいいかわかんないよ・・』   母の日が近づくとこういった心の叫びが、あちこちから聞こえてきそうですよね。 それもそのはず、母の日のプレゼントにい …