七五三はいつお参りするのがいいのか|年齢や性別で違いはあるのか

七五三詣

七五三(しちごさん)といえば、その数字名からも想像できますが、7歳、5歳、3歳の子どもを祝う行事ですよね。

七五三には、神社などで「七五三詣で」を行い、これから成長していく子供たちにたいして、色々な祈願を行いますが、みなさんはどんな願いをかけていますか?

多くの方は、子供たちが健康に育ってくれることを願っているのではないでしょうか。

自分たちも親につれられて、七五三参りにいっていたり、時期になるとニュースなんかでも七五三の話題が取り上げられるので、七五三というものは、みなさん認識されていると思います。

では、いったい、いつお参りするのかを知っている方はどれくらいいるでしょうか?

恥ずかしい話なんですが、私は周りに頼りっきりでしたので、七五三はいつなのかとか、なんでお祝いするのかなんてことは、まったく知らずに(というか興味なく・・)育ってきてしまいました。

そんな私にも子どもができ、七五三参りをする日がきましたので、親バカではなく、バカな親のままではいけないということから、七五三はいつお参りするのか、なぜ7歳、5歳、3歳なのかなど、七五三にまつわる雑学?知識を調べてみましたので、ここに覚書としてそれを記しておきたいと思います。

 

七五三とは

七五三とは、7歳、5歳、3歳になる子供たちを祝う行事のことです。

ここで、7歳、5歳、3歳になる子供たちといっていますが、3歳になる男の子と女の子、5歳になる男の子、そして7歳になる女の子が、11月15日に神社などへお参りし、お祝いをするところに、性別による違いがあることは知っておいてください。

恥ずかしながら私は、そのこと(男女による違い)すら知らなかったのです・・。

また地域によっても違いがあるようですが、「3歳になる女の子、5歳になる男の子、そして7歳になる女の子」というように、3歳の男の子の場合は七五三は行わないというところも多いようです。

このあたりの違いはお住いの地域の風習を調べてみたほうがいいかもしれませんね。

他にも、数え年でという地域や、満年齢でという地域もありますが、今では満年齢で七五三を執り行うほうが一般的になってきているようです。

 

満年齢とは

満年齢とは、生まれた日を0歳として、以後誕生日を迎えるごとに、1歳づつ増えていく年齢の数え方です。

つまり、今現在の(現時点のといったほうがいいでしょうか)年齢ということになります。

 

数え年とは

数え年は、生まれた時を1歳として、その後、「正月を迎えるたびに年齢を1歳重ねていく」という年齢の数え方です。

満年齢と比べると、生まれた時点で数え年は+1歳となっていて、正月から次の誕生日(満年齢で1歳になる日)までは、数え年は+2歳となります。

生まれたての赤ちゃんを例にしますと、正月を迎えるまでは、満年齢で0歳、数え年で1歳になり、正月から誕生日までは、満年齢はまだ0歳ですが、数え歳では2歳になり、さらに、最初の誕生日を迎えた日から次の正月までは、満年齢で1歳、数え歳で2歳となります。

なんだかややこしい数え方になりますが、簡単に言いますと、誕生日から正月までは満年齢+1歳、正月から誕生日までは満年齢+2歳、と考えればいいですので、覚えておくといいかもしれません。

 

早生まれの七五三はどうすればいいの?

千歳飴

昔は七五三は、数え年で行うということだったようですが、今では満年齢で執り行うことが一般的になりつつあるようです。

ですが、満年齢ということは、七五三の日取りが11月15日であることから、この日までに誕生日を迎えた7歳、5歳、3歳の子どもということになりますよね。

となると、12月生まれの子や早生まれの子は、次の年に七五三詣をしなければいけないのかと考えてしまいますが、このあたりはどうなんでしょうか?

数え年で七五三詣を行うのであれば、こういった問題はでてきませんが、早生まれのお子さんの場合にはどうなるかというと、どちら(満○歳になっている年でも、満○際になるであろう年でも)でもかまいません。

実際、満○歳になっていなくても七五三詣をされるというご家庭も多ですし、親御さんの考えや、お子さんの成長度にあわせてあげればいいと思います。

特に3歳といった低年齢の場合は、お子さんの成長度にはバラツキが大きいですし、着物を着させたり、写真をとったりしたいのが親心だと思いますので、それをガマンできるのか?という問題もありますので、低年齢の場合には、お子さんの様子にあわせて七五三詣をされるご家庭が多いようです。

 

七五三詣は11月15日でないといけないのか

なぜ、七五三のお参りは11月1日になったのかですが、これにはいろいろな説があるようです。

そのうちの一つの説ですが、こういった由来が伝わっています。

もともと、七五三は11月15日だったわけではなく、11月の吉日に行われていたそうです。

そして、江戸時代の中頃になりますと、三代将軍である徳川家光が、後の五代将軍綱吉となる幼名徳松が幼き頃、病弱だったことを心配し、この子の無事成長を祈るため、袴着の儀式を執り行ったのが11月15日でした。

そして、このことにならい、庶民のあいだでも、11月15日にお祝いの儀式を行うようになったそうです。

また、この11月15日になったことは、鬼宿日であったからという説が有力です。

 

鬼宿日とは

鬼宿日は、宿曜占星術からきており、月の通り道にある28種類の「宿」(東洋風の星座といえばわかりやすいのかもしれません)に、それぞれの意味を割り当て、吉凶を占ったものです。

そして、そのうちの一つが「鬼宿」になるのですが、これは、お釈迦様が生まれた日が、鬼宿日だったからとされています。

また、鬼宿というと何だか縁起が悪そうに思われがちですが、これは「鬼が宿る」ではなく「鬼が宿にいる日」であり、鬼がいない日であることから吉日となります。

鬼宿日は吉日とされていますが、結婚に関することがらに対してはNGだとされていますので、気になる方はきをつけておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

ここまでに調べたことをまとめてみますと、七五三詣は、11月15日に行い、3歳では男女とも(地域によっては女の子のみ)、5歳は男の子、7歳は女の子が行うということがわかりました。

また、現在では年齢は、満年齢で七五三のお参りをすることが一般的でありますが、数え年で行うご家庭や、地域などもあるので、儀式等は厳格に行っているというご家庭、地域の場合はそのあたりも気にしたほうがいいかもしれません。

ですが、今の七五三状況を調べてみますと、比較的事由に、親御さんやお子さんの都合に合わせて七五三詣を行うことも多く、厳格に11月15日に行うというよりは、10月中旬くらいから11月下旬くらいまでの、吉日に行うことが一般的になってきているようです。

また、3歳の時は満年齢で、7歳の時は数え年でというように、周りのお友達や環境に合わせて七五三詣を行ったりもされているようですので、七五三詣はこうしなければならない!といったような格式ばったものではなく、みなさん比較的自由に、お子さんのお祝いをされているのが、現在の七五三詣のありかたのようです。

昔は、3歳や5歳、そして7歳といった幼少期のあいだに亡くなってしまう子どもも多く、そのため、成長した子どもへのお祝いとして、七五三詣をしていたというのが、七五三の慣わしです。

ですので、七五三詣は、ご家庭に合わせて、そしてなによりお子さんにあわせて成長を祝ってあげることが一番なのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

-一年の行事

関連記事

敬老の日プレゼント

【敬老の日】孫からの手作りプレゼントが最強!一番喜ばれる贈り物

敬老の日(けいろうのひ)と言えば国民の祝日なわけですが、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ということから、おじいちゃん、おばあちゃんの日ということですよね。 母の日や、父の日と …

母の日プレゼント

【母の日】50代のプレゼントで喜ばれるもの身近アンケート

  『母の日のプレゼント、なに選んでいいかわかんないよ・・』   母の日が近づくとこういった心の叫びが、あちこちから聞こえてきそうですよね。 それもそのはず、母の日のプレゼントにい …

風呂場のカビを落とす

年末大掃除!風呂場の目地やゴムパッキンのカビをスッキリ落とすには

年末になるといろんな場所を大掃除し、きれいな環境と気持ちで次の年を迎えるといったかたも多いと思います。 そんな時に、どうもスッキリしないのが風呂場の大掃除。 そう、あの風呂場の目地やゴムパッキンにこび …

七五三女の子

七五三で女の子が5歳でお祝いするのってありなんでしょうか?

七五三といえば、3歳、5歳、7歳のこどもたちをお祝いする儀式なんですが、通常は女の子は3歳と7歳にお祝いをし、男の子であれば3歳と5歳にお祝いをするのが慣わしとなっています。 となると5歳の女の子が七 …

正月太りの原因はお餅か

餅の食べすぎが正月太りの原因?太らない食べ方で健康的にいただく

お正月になるとやっぱり出てくるのは「お餅」ですよね。 この「お餅」なんですが、ついつい食べ過ぎてしまうというのが、毎年のお正月の日課というか年課になっている人も多いんじゃないかと思います。 お餅の食べ …