夏バテ予防にはどんな食べ物が効果的?早めの対策で暑さを乗り切れ

夏バテ

夏になるとどうなるか、そう、暑くなりますよね、まぁ普通なんですが・・。

これは日本に住んでいるなら当たり前におこる気温の変化なんですが、この時期になるとよく言われる言葉が「夏バテ」ですね。

暑い時期の体調不良が総称して「夏バテ」と言われており、みなさんも一度や二度は経験したことはあると思います。

熱がでて体がフラフラするとかそういう感じではなく、なんだか食欲がなくって体がみょうにだるい・・といったような体が疲れている状態が「夏バテ」と言われていますね。

そんな体調不良がおそってくるイヤな時期が夏なんですが、海や山、バカンスにとエンジョイできるのもこの時期です。

ですので、夏に思いっきり遊ぶためにも、夏前から早めの夏バテ予防をしておきたいところ。

当記事では、そんな夏バテ予防に効果的だとされる食べ物をご紹介しますので、参考にしていただくことで、暑い夏を乗り切るためのお手伝いができればと思います。

 

夏バテとは一体何なのか

夏になると言われる言葉が「夏バテ」という言葉なんですが、これっていった何なの?何かの病気?と思われたことはないでしょうか。

夏バテという言葉は、医学的用語ではないのですが、夏におこる体調不良の総称と思ってもらえばいいです。

日本では夏になると高温で多湿という、人間の体にとっては過酷な環境になるため、体がこれに対応しようと一生懸命に頑張ることになります。

この体の抵抗力といいますか、対応力が低下してしまうと「食欲がなくなる」「疲れがとれない」「体がだるい」といった症状があらわれてきます。

つまり、夏の湿気や暑さのせいで陥ってしまう「食欲がなくなる」「疲れがとれない」「体がだるい」といった症状が「夏バテ」と呼ばれています。

 

夏バテの原因

夏バテは、いわゆる体調不良のことを指していますので、コレといった原因があるわけではありません。

ですが、主に夏バテの原因と言われているのは以下のようなことになります。

 

内臓機能の低下

これは夏になると暑いのでどうしても、冷たい飲み物をたくさん飲む機会が増えてきます。

このことが胃の機能を弱める結果となり、消化不良をおこし、結果として食欲不振につながってしまいます。

人は食事によって栄養を補給していますので、この栄養が不足すれば、体調が悪くなることも想像に難くないと思います。

 

睡眠不足

暑い夏場でなくとも、睡眠不足は体調に悪い影響を与えていることは、みなさん認識がありますよね。

夏になるとどうしても暑くなりますので、暑い夜はどうしても寝苦しいものです。

そうなると睡眠時間がドンドンと削られる結果となるわけで、「睡眠時間の不足=疲労回復時間の不足」ということになるわけで、疲労回復ができない状態が続けば、体力が衰えることになってしまいます。

 

冷房等による自律神経の乱れ

現代では夏に冷房がきいている場所というのはどこにでもたくさんあります。

家や会社はもちろんのこと、近くのスーパーや図書館など、ありとあらゆるところで冷房がきいています。

冷房は涼しくて快適だから、むしろ体力回復にはいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、室内と室外の温度差に問題があります。

室内と室外の温度差が大きいと、急激な温度変化に体を対応させようと、あなたの体は知らず知らず頑張っているのですが、このような状態が続いてしまうと、頑張っている自律神経の働きが悪くなってしまいます。

自律神経の働きが悪くなると、体の機能が十分に働かなくなってしまうため、これが体調不良の原因にもなってしまいます。

 

夏バテ予防に効果的な食べ物は

さて、夏バテにならないためにはいったいどんな予防をしておけばいいのかといいますと、食事により栄養を十分にとること、水分を十分に補給しておくこと、十分な睡眠、そしてエアコンの適度な温度調整、といったことがあげられます。

当記事では、食事による栄養摂取で、夏バテ予防や夏バテの回復に効果のある食べ物をご紹介します。

 

夏バテに効果的な栄養素

夏になると暑さにより食欲が低下しがちになり、必要な栄養素が取れなくなってしまいます。

夏バテ予防にとっておきたい栄養素は、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンC、クエン酸、アリシンなど、体の元になる栄養素であったり、疲労回復に効果がある栄養素です。

ビタミンCなどは体の抵抗力を高めてくれる効果がありますから、夏バテ予防のためにも十分に摂取しておきたいですね。

 

ビタミンB1が多い食材

豚肉、うなぎ、大豆、たらこ、青のり、などがビタミンB1の含有量が多く、疲労回復に役立ちます。

ビタミンB1は、人間のエネルギー源である糖質の代謝を助け、疲労回復してくれるという働きがあります。

 

ビタミンCが多い食材

ピーマン、パセリ、イチゴ、トマトなどがビタミンCを多く含んでおり、抗酸化作用により体の抵抗力を高めてくれます。

 

クエン酸が多い食材

レモン、ライム、グレープフルーツ、梅干しなどがクエン酸を多く含み、クエン酸回路とよばれる身体のエネルギーを作る代謝システムを活性化せせることで、疲労回復を促します。

 

タンパク質が多い食材

肉類、魚類、豆類などに多く含まれており、人が活動するためのエネルギー源となります。

 

アリシンが多い食材

にんにく、たまねぎ、長ネギ、ニラなどに多く含まれており、アリシンはビタミンB1の吸収を助けてくれます。

 

まとめ

夏バテ予防に効果的な食べ物は、ビタミンB1、ビタミンC、クエン酸、たんぱく質、アリシンなどの栄養素を多く含んだ食材ですので、これらの食材を使った食事を、バランス良く食べることで、夏バテを予防しておきたいところです。

昔から「土用の丑の日」と言われているように、うなぎなどはビタミンB1が多く含まれていますし、他の栄養素も豊富なことから、夏にはうなぎを食べて疲労回復をはかろうという習慣ができたわけですね。

他にも疲労回復には酸っぱいものがイイといったことが言われていたりするのも、クエン酸を含む食材が疲労回復に役立っていることからきています。

夏バテになってしまうと、せっかくのバカンスが楽しめなくなってしまいますから、夏バテになったら食べるのではなく、今回ご紹介したような食材をつかった食事で、夏バテにならないように予防しておきたいですね。

 

スポンサーリンク

-マメ知識

関連記事

エアコン室外機

エアコンの冷房効率を上げる方法は意外にも室外機の対策だった

夏場になるとエアコンの冷房にたよりきってしまいがちですが、そんな時に最近エコエコと耳にすることが多く、どうやったらエアコンの冷房効率を上げることができるのかが気になります。 そこで、エアコン効率がよく …

ボールペンインク復活

ボールペンのインクがでない!もう一度使うには復活の儀式を行え

電話などのときのメモ、宅配便などのサイン、暑中見舞いなどのハガキといった、普段の何気ない瞬間にも使うことがあるボールペンですが、いざ使おうとすると「インクでない!!」なんて場面に出会った経験もみなさん …

部屋干しの臭い

部屋干しの臭いが【クサい!】生乾きによるニオイを解消するには

梅雨などの雨が続く日になると、困るのが洗濯物。 雨の日には洗濯したいないなーと思う人も多いんじゃないでしょうか。 とはいっても、旦那のシャツや子供たちの服は、毎日洗ってないと、ドンドンとたまるいっぽう …

洗っても臭いTシャツ

洗っても臭いTシャツ!洗濯で簡単に取れない悪臭を簡単に消す方法

暑い日が増えてくるとどうしても汗をかくことも多くなってきますよね。 特に夏場などの気温が高いときに、スポーツしたりすれば、いやおうなく汗がTシャツに染み込んでいくわけで、これを放ったらかしていれば、も …