5月は紫外線が強い?GWも日焼け止めが必須な理由

紫外線

5月と言えばGW(ゴールデンウィーク)ですね。

まだ夏には遠いですが、ポカポカ陽気につられて、家族や、彼氏、彼女と屋外にでかけるといった人も多いことと思います。

でも、その外出にはちょっと危険が伴っているという認識はありますか?

まだ5月ということもあってか、あまりその危険度については、普段は気にしていないというアレです。

そう、それが紫外線です。

 

5月は紫外線が強いと言われていることを聞いたことがあるなって人もいると思います。

この時期だと日差しもたいして強くないし、体感的にもあまり焼けなさそうなんていう思い込みがあるために、紫外線対策をバッチリと行っていますという人は意外と少ないようですね。

あなたもそうかもしれませんが、『そうだ紫外線対策もちょっとは何かしとかないとね、帽子でもかぶっていればいいかな。』なんていうライトな感じで考えていませんか?

目では見ることができない紫外線ですから、その強さには気づかないため、既に危険ゾーンになっていることに気づかないんです。

 

5月に紫外線の強さがMAXになるのは本当か?

『5月は紫外線量が一番強いよ』なんていうセリフを聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、これって本当なんでしょうか?

よく耳にするだけに、理由もわからず『へぇ、そうなんだ』と理解されているのではないでしょうか。

5月の紫外線量が一番強いというのは、実はウソ。

皆さんが実感されているように、紫外線が強くなるのは、7月、8月の夏時期になります。

これは気象庁が観測しているデータからもあきらかです。

参考:気象庁の日積算紅斑紫外線量の月平均値データ
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/cie_monthave_sap.html

では、なぜ紫外線の強さが一番なのは5月だということが、まことしやかに囁かれているのでしょうか?

その理由はUV-A(Ultraviolet A:紫外線A波)にあります。

そもそも紫外線には波長によって、UV-C、UV-B、UV-Aという区分けがあり、それぞれで人体に及ぼす影響が異なってきます。

 

紫外線の種類

紫外線には、UV-C、UV-B、UV-Aがあると言いましたが、それぞれの特徴を見ていきましょう。

UV-C (波長:100-280 nm)

短時間の照射で遺伝子を破壊するほどの威力がある光線ですが、成層圏以上の上空に存在するオゾン、酵素分子により吸収されることから、地表へは到達しません。

ですが、近年はみなさんも良く耳にする機会があると思いますが、『オゾン層の破壊』という問題があるため、危険が増してきています。

UV-B (波長:280-315 nm)

夏などに日焼けすると、肌が赤くなってしまいますよね、その原因となるのが、このUV-B(紫外線B波)です。

UV-Bもまた、オゾン層により吸収されますが、一部は地表へ届きます。

肌への影響力が強く、肌が赤くなるサンバーン(炎症反応)や、肌が黒くなるサンタン(色素沈着)引き起こし、シミやそばかすの原因となります。

UV-A (波長:315-400 nm)

紫外線の中ではもっとも波長が長く、肌への急激な作用も少ないのがこのUV-A(紫外線A波)になります。

しかし、このUV-Aがやっかいなところは、物質を突き抜けてしまうというところにあります。

どういう事かといいますと、UV-Aは雲も突き抜けてしまいますし、窓ガラスさえも突き抜けてしまうところにあります。

また、UV-Aは肌の表皮を突き抜けて、真皮層にも影響をあたえ、肌の保湿機能を低下させてしまいますから、シワやたるみの原因になってしまいます。

 

5月に紫外線が強いというウワサの真相

紫外線量は先に言ったように7月、8月が多いのは、気象庁の観測データからもあきらかですが、5月に多いといわれる理由はいったいどういったことからなんでしょうか?

実は5月ともなれば、紫外線量は真夏の90%近くの量になっているため、ほとんど真夏と変わらない料の紫外線が降り注いでいます。

また、5月にはまだ上空のオゾン層が真夏よりも多く、結果としてUV-Bが上空で吸収されるため、真夏よりも少なくなります。

ということを総合的に考えてみると、肌への刺激が強いUV-Bは夏より少ないが、UV-Aは夏とほとんど変わらない量の紫外線が降り注いているということで、知らず知らずのうちに紫外線のダメージを肌に与える可能性が高い月が5月だということになるわけですね。

体感ではあまり日差しを感じないため、UVケアなどのスキンケアを怠けてしまいがちだけども、実際には肌の奥にダメージを与える紫外線(UV-A)を、夏と変わらないくらい浴びてしまっていることになります。

つまり、こういったみなさんの知識、経験が、『5月が一番日焼け対策に注意しておかないといけない月』ということになり、これがウワサとして広まる間に、『5月が一番紫外線が強い』ということになったのだと考えられます。

 

さいごに

5月にはUV対策をまだ始めていないというあなたも、この事実を知った今、一番注意してUV対策しておかないといけないと感じたのではないかと思います。

紫外線量は、真夏ではなくても5月あたりには、ほとんど変わらないんだという意識で、日々のUV対策を怠らないようにしておきたいですね。

特に、UV-Aは肌の奥に作用して、肌本来の保湿機能にダメージをあたえちゃいますから、年齢を重ねてくると、あきらかにそれまでUV対策をしていたかどうかで違いがあらわれてきます。

5月と言えども、油断せずUVケアしましょうね。

 

スポンサーリンク

-美容

関連記事

シミを消す

日焼けのシミはすぐ消すこと!・・ってその方法が知りたいんですが

「えっ、アレ、まさかこれってシミ!?」事件はある日突然に起きることになります。 鏡を見ていると不意に気づくことになる顔のシミ。 思い出しただけでブルブルと体が震えてくるほどの、そんな恐怖体験したことあ …

日焼け止めスプレー

日焼止めスプレーを顔に直接シュッ!!とするのはNGなんですか?

日焼止めスプレーは、シュッと一吹きで紫外線対策ができるからとても便利につかえていいんだよね!とそう思われているあなた、まさか顔に直接吹きかけたりしていませんよね? なんて脅しのようなことを言いましたが …

毛穴落ち

ファンデーションの毛穴落ちって直し方はあるの?

朝しっかりとメイクをしていても、昼過ぎから夕方になってくるとどうしてもファンデーションが毛穴落ちしてしまうという悩みをかかえていました。 そう、鼻やその周り、頬などがポツポツした感じになり、自分でみて …

紫外線シミ予防

紫外線によるシミを予防しよう!夏までに覚えておきたい対策方法

夏が近づいてくると、どうしても気になってくるのが、あのやっかいな紫外線ですよね。 この紫外線なんですが、日焼けして色が黒くなってしまうのがイヤというかたもいるでしょうが、それ以上にやっかいなのはシミの …

日焼け後のケア

日焼け後のケアはとにかく冷やす!赤み・痛みがある時はどうする?

夏になりますと、強い日差しの中でも、外出する機会が増えてきてしまいますよね。 そうなると気になるのが、やっぱり「日焼け」です。 若いうちは日焼けした肌のほうが健康的に見えるからと、サンオイルを塗ってま …